« earthlodge(アースロッジ)オンラインショップ

« 「風の言葉」トップ

« 過去の記事を読む

10
Fri
Aug

インディアン嘘つかない

category: ネイティブアメリカン精神文化


「インディアン嘘つかない」
皆さんはこのフレーズをお聞きになったことがありますか?
若い方は余りないかもしれませんが、日本人の多くが何処かで聞いたことのあるという有名なフレーズです。

でも実際にこのフレーズの意味をご存知の方がどれぐらいいらっしゃるでしょう?
今回はこのお話をしたいと思います。

実は数日前に友人から「インディアン嘘つかないって本当なの?」という質問を受けました。そして過去に至っては何回もこの質問をされた事があります。

今はギャグフレーズになっているこの言葉の真意は何なのでしょうか?

元々、この「インディアン嘘つかない。白人皆うそつき」というフレーズはハリウッド西部劇の中で使われた台詞です。その昔には西部劇はハリウッド映画のヒット部門であり、ジョンウェインなど多くのスターを生み、日本でも沢山の人が観たのですね。

恐らくヨーロッパより日本の方がこのフレーズを知っている人の数は圧倒的に多いと思います。「インディアン。。」が流行語の言葉遊びのように独立して行ったのでしょう。

さて、このフレーズの裏にある歴史を見る事にしましょう。元来、ご存知のようにアメリカ政府はインディアンの土地に入り込み、騙し、強奪して行ったのですが、その過程でのお話です。アメリカ政府はことある事にインディアンの代表と会談し一応、条約なるものを結びます。

しかし政府にとってある大統領時に結んだ条約も、政治が変わると過去のものになってしまい、効果をなくします。勿論、当時の考えで野蛮人と形だけで結んだ条約など、あまり重きを置かなかった、意味をなさないということも当然あったと思います。

しかし、インディアン側にとってはそうではありません。彼らには言霊という文化があります。言霊とは言葉の中にある魂のことです。言葉には力があり、それを発することには大きな責任が伴います。また放つことによって、それは現実化するという力もあるのです。

これは日本文化にも共通する(したという過去形の方が良いでしょうが。。)のですが、放つ言葉は絶対のもので、その言葉に則して生きるというのがインディアン文化の美徳だったのです。

ですから白人政府との間で結ばれた約束事は相手をリスペクトする意味でも絶対のことだったのです。しかし、現実には多くの条約は白人側の都合でことごとく破られたのです。

そういう背景があり、このフレーズが生まれたのです。
ですから、このフレーズに注釈をいれると、こうなります。


「我々、インディアンにとって言葉というのは神聖なもの、絶対なものだ。それには命がある。私が貴方と約束を交わしたら、それは偉大なる神と約束事を交わしたのと同じなのだ。

しかし、貴方にとってはそうではないようだ。貴方は約束を何度も破った。貴方の放った言霊は何だったのか?私達には理解出来ないことだ。

我々はもう貴方と約束事をしない。我々インディアンは決して嘘をつかない。それは神に対する欺きだからだ。しかし白人はそうではない。貴方の舌はヘビのように二股に分かれている。一方ではこう言い、もう一方では別のことを言うのだ。」

以上が、実際にその昔、インディアンの首長が話した言葉を、思い出しながら書いたものです。
どうです、これを知ると「インディアン嘘つかない」という重い言葉を軽々しくギャグとして使うことは出来ないのではないでしょうか。

ただ、残念ながら今の現実は違いますよ。これは伝統的なインディアン文化がまだ生きていた頃のお話で、インディアンも我々と同じく弱き人間です。嘘もつくし、自己中心的な考えに陥ることもあります。落ちこぼれ天使として、この現世を学びの場として生れ落ちて来ている同胞なのです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://earthlodge.main.jp/mt/mt-tb.cgi/118

コメント (3)

我が質問に答えていただき、ありがとう~です♪

「インディアン嘘つかない」
何かの話から、突然出てきて・・・
インディアンの話なら、アースロッジさんかな?と・・・(^_^.)

昔と今では、違うのね。
というか、変わらずにはいられなかったのね。
人間て、いやだね・・・相手がインディアンでなくても、約束ごとを守られない人たちいるし・・・常識がないっていうか。。。最近のニュースを見るとかなしくなっちゃいます。。。(-_-;)
でも、類魂から見ると、一緒だから。。。つらいなぁ・・・

先週、オクラホマ州のインディアンテリトリーの博物館を訪れた時、「インディアン、嘘をつかない。」は本当なのかと現地のインディアン質問。「まさにインディアンは嘘をつかない。」との返答。親から絶対、嘘はいけないと教わってると言っていました。ちなみに私は10年AR在住の大阪人です。

私も嘘をつかないように気をつけて生きていきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

« earthlodge(アースロッジ)オンラインショップ

« 「風の言葉」トップ

« 過去の記事を読む